007『権利の正体』

¥ 32,400 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

再入荷についてお問い合わせをする
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

境目研究家 安田佳生の短編詩に、デザイナー蝦名龍郎氏がイラストを描く。
安田佳生メールマガジンで配信中のコンテンツがこの世で1つしかないアートになりました。

「権利の正体」
メルマガ配信日:2017年2月1日
額縁サイズ:ヨコ38cm×タテ48cm

ーーーーーーー
家とか、車とか、宝石とか、株式とか。
それらを所有しているという権利。
その権利を手に入れるために、
私たちは必死になって働き、必死になって戦い、
必死になって守るのです。

この土地は、私のものである。
という権利の証明と保守は、私以外の人がすることになります。
役所の人が記録に残し、警察の人が権利を守り、
自分以外の人間がその権利を認め、尊重する。
その時に初めて、権利は現実のものとなるのです。

世界トップのお金持ち8人の資産は、
貧困な36億人(世界人口の半分!)の資産より多いそうです。
その資産という名の権利。
それを守っているのは皮肉なことに、
彼ら以外の何十億人の人々なのです。